おいらはゆとり。

ゆとりなりに人生を楽しみます。1990年生まれ。2児の父。


ゆる社畜という職業。

「今日もお勤めご苦労様です。」

この言葉を頂けるだけでも、ゆる社畜のモチベーションは維持されます。

ブラック企業程では無いけど、家のローンだったり、家族を養う為、子供の養育費等、お金は必ず稼がなきゃならないといった呪縛に囚われた「ゆる社畜」は多いと思います。周りではフリーランス、YouTuber、投資家、、、なんてキラキラした職業なんだ。って思いながら、今おいらは時代遅れのテキストを更新しています。

自分が居なくなったらこの職場は回らないんじゃないかという錯覚

忙しくて人が回らないから有給取れません。上司の評価も、周りの目も気になるので仮病も寝坊も出来ませんwみんなを食わして行く為に我慢しなきゃいけない。あ~転職してぇ。もし自分が居なくなったらこの職場は回らないんじゃないかぁという錯覚も寝れば大抵解決します。また今日も始まる。

自分は頑張っているのにあいつは楽してるという錯覚

ある程度、仕事が上手くいっていろんなことに首を突っ込んでいくと、他の人の悪い所に目が行ってしまうものです。同じ仕事しているのに、あいつは質が悪い。なんで残業しておいらよりお金貰っているんだよ!って思います。でも良く見てごらんなさい。プライベートが上手くいってないぞ。そんなプチ悪いことを見つけたりするけど、結局また一緒に協力して仕事して、たまに一緒に飲んだりする。そんなもんよw

教育にはすごく気合入れているよっていう錯覚

会社で頑張って、家では子供達の教育にも力入れているよって何故かアピールしてしまう。多分どこか誰かに褒めてもらいたいんだよなwこんな御託を並べたくなるんだよ。でもそっとしてあげてほしいんだ。語りたいんだ。ただ、凄いねといって欲しいんだw

御託を並べたいんだ
www.yutoride.work

語りたいんだ
www.yutoride.work

ポジティブに頑張ろうぜっていう錯覚

自分を無理やり奮い立たせる為に周りも巻き込もうとして失敗するパターンってあるよね。周りにそんなやついたらなんだこいつってなるよね。暑苦しいなぁってなるよね。でもゆる社畜は頑張っているんだ。家族や上司の期待を背負い込んでいると思い込んでいるんだ。おいら達だって分かっているんだ。

ゆる社畜という職業

会社、職場の人、取引先、家族、お金とか色々なものに気を使って中々一歩前に進めない人の事を言うのだと思う。

この世のお父さんを代表して言いたい。お父さんは自分なりにかなり気を使ってるんだぞと。
だから少しねぎらいの言葉をかけてあげて欲しい。それだけで満足なんだ。おいら達はw


おいらはゆとり 子供の寝顔の癒しは効果抜群。

ページ上部へ戻る