おいらはゆとり。

ゆとりなりに人生を楽しみます。1990年生まれ。2児の父。


100円で子供のやる気を出す勉強の仕方【幼児教育】

こんにちは。日々、楽しくコスパ重視の教育を目指しています。以前にも紹介した100均で見つけた「幼児おけいこシリーズ」がやっぱりコスパが良すぎます。でも究極のコスパ勉強も存在するので家で実践している方法を紹介致します。

100円で子供やる気を出す方法

はじめてのひらがな ~対象年齢3さい~ ダイソー

対象年齢3歳という事で、今年4歳になる娘にダイソーで買ってあげました。本屋で勉強ドリルを買おうとしても600~1200円くらいします。更に、子供がやる気出して、「これがいい~」なんて言われて、値段を見ると少し高くて(1000円超え)、良さそうな勉強ドリルがあっても、親が「こっちの方が良いんじゃない?」と値段で決めてしまい、子供の最初のやる気を削いでしまいます。少なくともおいらはそんな事をしてしまいました。せっかくやる気出したのに、そのやる気を買ってあげられなかった、、、

でも100均なら、沢山並んでいる中から「勉強してみたいやつを自由に選んでいいよ~」って言って選んで貰います。いくら選んでも100円で、子供のやる気を買う事が出来ます。これが味噌で、自分で選んだモノを子供達は大事にします。

親は子供のやる気を潰さないように見守ってあげるのが一番だと思います。そして、勉強が出来たらいっぱい褒めてあげて下さい。

www.yutoride.work

【究極】0円で子供のやる気を出す方法

親が勉強ドリルを作る

幼児教育のドリルは比較的シンプルに出来ています。子供がやる気をだして勉強するとあっという間に終わってしまうものです。そうなったら親の出番です。これが圧倒的に安く「紙とペン」で出来てしまいます。100均で買った勉強ドリルをコピーしたり、家にある紙に問題を書いてあげる事です。これは親がハマりだすと内容に凝ってきます。

これが親がドはまりして、無駄に絵に凝ってしまった結果です(笑)

過去にも無駄に凝ってしまっています(笑)
www.yutoride.work

軽くまとめ

 〇 好きなモノを選ばせる
 〇 親が助言しない
 〇 親も一緒になって楽しむ

おいらはゆとり 息子は5歳でひらがなが読めるようになってきました

ページ上部へ戻る