おいらはゆとり。

ゆとりなりに人生を楽しみます。1990年生まれ。2児の父。


【家購入の参考に】 電信柱に貼られた物件を見に行ってみた 【担当者には質問するべし!】

あぁ家欲しいなぁ。という事で、

電信柱に貼られた物件を見に行ってみました。

f:id:naruki316:20180306093839p:plain
怪しいですねぇ。



週末の夜。仕事現場から帰宅中に電信柱で見つけた張り紙。

おいら「この張り紙どう思う?」

嫁「ここら辺じゃ安いじゃん!見に行ってみようよ!」

おいら「築年数がかなり古いのかな?この値段って人死んでるとかじゃないよね?色々ヤバそうだし、契約しないって言ったら、怖い人出てこないかな??」

嫁「いけば分かるじゃん!?」

おいら「確かに、、、」

ってことで、翌日の朝に電話でアポを取ってみました。

電話でアポ

朝8時頃。(内心早すぎるかなと思いながら)早速電話!!

担当者「おはようございます。〇〇〇〇です。」

おいら「電信柱に貼られていた〇〇〇〇の物件を見てみたいのですが、、、」

担当者「本日であれば担当の者がすぐ伺えますので、10時頃、現地集合でお願いします。」

おいら「家族で車で向かいたいのですが、、、」

担当者「マイホーム購入ですか?いいですねぇ。物件近くにコインパークがありますのでそちらの利用をお願い致します。」

住所を教えていただき出発!

f:id:naruki316:20180306095655p:plain

現地到着

10分前に現地に到着し、外観をぷらーっと。

「やばいなぁw」

案の定、そこの物件は細い私道を通り、家と家とマンションに囲まれた陽当たりの少ない、駐車場がない再建築不可物件でした。

でも子供達は冒険だ!とワクワク♪

「あれ?担当者居なくない?」
嫁と場所を間違えたのかソワソワしながらまた電話。

「担当の者は現地に向かっているはずです。」

10時8分。

1台の軽自動車が目の前の駐車禁止区域に路駐します。

「???」

中から、頭がぼさぼさの30歳後半の男が、シャツを着ながら向かってきます。

「始めまして、〇〇です。」

心の中で(マジかぁ)と呟いていましたw

早速、名刺と間取り図を頂き、嫁と担当者が会話している隙に会社名のネット検索。
大手と提携しているようで、少しの不安は解消されました。

間取り図

f:id:naruki316:20180306101519p:plain

昭和49年
昭和56年6月1日以前という事は、耐震基準満たしてなさそう。
建築:住宅・建築物の耐震化について - 国土交通省

16坪
4人家族ではちょっと不便かなぁ。

駐車場なし
車持っている側からすると困る。

水回りリフォーム
後から直す必要ないと考えると助かりますね。

専門的な事は分からないですが、他の箇所もヤバそうに感じる、、、

いざ、物件訪問!

f:id:naruki316:20180306102109p:plain
子供達は一目散に2階へ登って行きました。玄関には靴箱がありました。

リビングダイニング

f:id:naruki316:20180306103750p:plain

ちっちゃいゴキちゃんがお出迎えしてくれました。陽当たりあるけど、寒いしジメジメしてる、、、家具、家電置いたらかなーり狭い感じです。でもキッチンが新しくなっていて素敵。

水回り

f:id:naruki316:20180306104437p:plain

脱衣所は無く、廊下に洗濯機。トイレに洗面所。そして、お風呂場の謎の隙間達。間取りの不便さと謎の隙間にビビりました。

2階

f:id:naruki316:20180306111238p:plain



急な階段を登るとすぐドアがあり、部屋に入るには一段下がって開けないといけないので危なかったです。2階は陽も当たり、昔の家って感じでした。押し入れは変な臭いが無いですがフカフカして、大人が入ったら下が抜けそう。ベランダがあるという事で子供達は大はしゃぎ。お部屋は少し狭い印象ですが、収納も大きくまずまずでした。

「何か壁薄くない??」

嫁の一言に、昭和49年という数字が脳裏をよぎる。

おいら「ちょっと、屋根裏見てもいいですかぁ」
担当者に確認して、押し入れのとこから屋根裏を見させていただくことに。

f:id:naruki316:20180306112042p:plain

隙間に粘土??

そのすぐ、後ろに外壁が見える。

おいら「ここって、断熱材、、、」

担当者「ごめんなさい。ここは断熱材入って無いんですよ~」

おいら(それってかなり重要じゃん!)

おいら「夏暑くて、冬寒いですよね??」

担当者「確かに、12月頃訪問した時は凄く寒かったです。」

おいら「エアコンの穴は、、、」

担当者「見当たりませんねぇ。」

おいら(以前、住んでいた人は鬼か、、、)

「 以前住んでいた方はどんな方ですか?」

これを聞くことは結構重要な気がします。

ご老人の方で施設に入る事が理由で手放すようです。ずっと同じ方が住み続けていたそうで、何人かの住居者が代わる代わる入っていないようでした。

担当者からの衝撃の一言

担当者「当社では、2年間の保証サービスを付けておりまして、雨漏りされたらすぐ補修致します。」

おいら(雨漏りするんかい!)

担当者「白アリも居ないと住人が言ってました。」

おいら(言ってましたって、確認してないんかい!)

心の中で関西弁がでました。




その帰り道の電信柱で、、、

1680万円に値下げされた広告を発見。

おいら達には1780万円っていっていたのに、、、

電信柱に貼られた物件 調査報告(まとめ)

・担当が怖い人ではなかった。

・質問すればしっかりと答えてくれた。

・安いのには理由があった。

・水回りの隙間にご注意。

・水回りの全リフォームはご注意(何か隠している?)

・断熱材重要!(昔の家は後から入れても、意味なし!)

・屋根裏、基礎等確認出来るとこは確認!

・シロアリ、雨漏りについても確認。

・前の住人の情報も聞こう。


物件訪問楽しかったですが、安いものには訳がありました。今回担当者さんは質問で悪いところもしっかりお話してくれ、そこまで悪い印象は受けませんでした。人生でマイホームの購入は大きな出費です。このブログが皆様の人生設計でお役に立てれば幸いです。

おいらはゆとり 家は資産?負債?しっかりかんがえよっと。

www.yutoride.work
www.yutoride.work
www.yutoride.work

ページ上部へ戻る